>

プチリフォームを実践する

壁紙を貼るときのポイント

何らかの作業をするときは、身構えることも少なくありませんよね。
しかし、過度に緊張すると却ってプレッシャーになります。
気持ちを落ち着けて取り組みましょう。

壁紙は、貼り替える場所のサイズより少し多めに用意することがポイントです。
貼り替えた後に、余分な部分をカットするからです。
また、貼り替える場所が広いときは、2人以上で作業するとよいでしょう。

壁紙を貼り替えるとき、既存の壁紙を剥がさないで行なうと簡単です。
その場合は、マスキングテープを使うとよいですね。
マスキングテープにはいろいろな種類があるため、養生以外の目的でも楽しめます。

なお、壁紙を貼り替えるときは、コンセントやスイッチのプレートも一緒に交換すると、より新品気分が味わえます。
ただし、コンセントやスイッチそのものの交換には、専門業者による工事が必要です。

プチリフォームの具体例

壁紙を貼り替えるときは、その場所のテーマを決めるとよいでしょう。
いろいろなタイプの壁紙があり、迷うことも少なくありません。
そうならないためにも、まずは、具体的にイメージしていきましょう。

壁紙を貼り替える場所として、キッチンやリビングは代表的存在です。
たとえば、キッチン収納の扉を貼り替えるだけでもイメージが変わってきます。
また、白やパステルカラーの壁紙にすると、落ち着いた雰囲気づくりに役立ちます。
家具の配置を意識しながら、それに合ったウォールステッカーを選ぶとよいかもしれませんね。

意外と見落としやすいのはトイレです。
こちらの空間は狭いことが多いため、壁紙の貼り替えには向いているかもしれません。
失敗を恐れずに試してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする